昔買ったCD

棚の整理をしていたら昔買ったCDが出てきて、久しぶりに聴いてみようかなという気分になり、ちょいちょいiTunesで入れてみたりしております。

これよく聴いてたなとか、これは買ったのにあまり聴けていなかったなとか、そもそも買ったことすらうろ覚えのものもあったりで(聴いたら思い出したりする)。そうなると、そういやあれもよく聴いてたなと連想して別のCDを探し始めたりで、泥沼化するという、掃除あるあるというかそんな感じでした。

 

昔に比べると多少耳が肥えたというか、細かい部分に気を配れるようになった(気がする)ので、過去気づかなかった部分に気がついて、その時はあまり好きじゃなかったけど今聴くと良いなと自分の中で再評価してみたり、はたまた逆に昔は好きだったけど今はそうでもないな……というのがあったり。自分の嗜好の変化もありますが、こういう再発見があるので、どうもCDは処分できない……。

 

ただ、音楽は割と過去と紐付いたりしているので、一緒に嫌なこととかを思い出したりしてしまったりする部分があるため、時期によってちょっと躊躇する部分があったりして……。

まぁでも、音楽に罪はないというか。自分の気持ちのさじ加減なんでしょうな。

 

後は単純にフィジカル面でへたれてないかという不安もあったりしますが。2枚ほど、トラックを読み込めないCDが過去にあったので。

雑に扱ったりした記憶はあまりないんですけどもー。